「英語を活かしてリモートワークがしたい…」

 

「日本のクラウドソーシングサイトは競争が激しいし、なかなかいい案件が見つからない…」

 

「ノマドワーカーになりたいけど、規則・制約が多い企業とリモートで仕事してもなぁ…」

 

あなたも、そのような悩みを抱えていませんか?

 

 

この記事は、あなたのような英語を活かしてリモートワークをしたい人のために書きました。

 

海外のリモートワーク求人サイトを徹底的に調べ、本当に使えるウェブサイトのみを載せているので、「今年こそは英語を使ってリモートワークをするぞ!」という人はぜひご一読ください。

 

もちろん、英語がしゃべれるとはいえ、日本語ネイティブであれば日本企業と日本語でリモートワークをできればベストですよね。しかし、僕はリモートワークを探すうえで海外市場に目を向けるのには多くのメリットがあると考えています。その理由は以下のとおりです:

 

日本のリモートワーク普及率はまだ低い

 

日本は世界的に見ても、在宅勤務などの柔軟性が高い働き方の普及が遅れている実情があります。

 

総務省が2016年に行った調査によると、日本の在宅勤務の普及率は22.9%、サテライトオフィス勤務可能割合は15.8%となっています。

 

これは、アメリカの労働者の43%がたまにリモートワークをしているという数字と比べると、日本はまだまだリモートワークにおける環境整備が遅れているというのが現状です。そのため、英語が話せる人であれば、日本の労働環境が整備されるのを待つよりもすでに環境が整った欧米市場に殴り込みをかけるほうが得策だと言えます。

 

 

日本企業と比べると海外リモート企業はフレキシブルさが最強

 

僕自身、日本企業と海外リモート企業どちらともお仕事をさせてもらった経験があります。その経験から語ると、海外リモート企業のフレキシブルさは素晴らしいです。

 

僕がフリーランス翻訳者として働いているDoistというフルリモート企業では、いつでも休暇がとれます。相談さえすれば1か月などの長期休暇をとっても問題ありません。

 

第二に、フルリモートなので対面で仕事する必要が皆無です。つまり、通勤する必要がありません(ポルトガルにオフィスがあるのでそこで働いてもOKですが)。

 

最後に、社員が20か国に散らばるDoistでは、時差があっても問題なく働けるような環境が整備されています。つまり、「ポルトガル本社の時間に合わせて夜9時からZoomミーティングに参加しなくてはいけない」なんていう問題もありません。自分のスケジュールで、ストレスなく働くことができます。

 

日本人というだけで差別化できる

 

マッケンジーが行った調査によると、人種と民族における多様性を受け入れる企業はそうでない企業に比べ財務収益率が35%高くなるといいます。

 

リモートワークを推進している海外企業のほとんどはその重要性を理解していて、従業員の多様性を促す姿勢があります。また、海外雇用市場において珍しい日本人は日本人だというだけで重宝されます。つまり、日本市場にとどまっておくのはもったいないんです。

 

上のような理由から、リモートワークを獲得するうえで海外市場に目を向けるだけで、多くのメリットを享受できます。

 

それでは、英語でリモートワークが探せる厳選ウェブサイトを見ていきましょう。

 

 

最高のリモートワークソース — Flexjobs

Flexjobs

 

Flexjobsは、英語でリモートワークの求人を探すうえで一番役に立つウェブサイトです。正直言うと、このウェブサイトに登録さえしておけば、この記事で紹介している他のウェブサイトはおまけぐらいの気持ちで見てもらっても問題ありません。

 

正社員、フリーランス、臨時社員など様々な就業スタイルがあり、取り扱っている職種も会計から広告、翻訳、プログラミング、グラフィックデザインなど、ここには書けないぐらい幅広くあります。

 

以下は、僕が考えるFlexjobsのメリットとデメリットです:

 

Flexjobsのメリット

 

    • 広告ゼロ: 他のお仕事紹介サイトとは違い、Flexjobsは月額制会員サービスであるため一切広告が掲載されていません。また、メールで広告を送りつけられることもありません。雇用主が採用情報を載せたければお金を払うのが普通ですが、Flexjobsではお金を請求しないそうです。つまり、お金を払った企業が案件リストでガンガン宣伝されるということもありません。このように、ユーザーのことを第一に考えてあるのでとても気持ちよく使えます。

 

    • クオリティの低い仕事がない: Flexjobsでは、仕事を掲載する前にFlexjobsスタッフがすべて検査を行い、同社の厳重な基準を満たした仕事だけが載せられます。クオリティの低い仕事が掲載されていないので、他の案件紹介サイトとは違って仕事探しがとてもスムーズに進みます。

 

    • サポートが半端ない: Flexjobsを語るうえで外せない特徴の一つが、サポートの充実加減です。まず「Job Search Checklist」というセクションで、仕事探しに必要な手順(サイトの使い方、レジュメの準備、面接、ネットワーキングなど)を一から学べます。また、英文で履歴書を書くのだけでも骨が折れる作業ですが、Flexjobsなら1万円ぐらいで履歴書をレビューしてもらえます。ガチのプロに頼むと3~5万円ぐらいは余裕でかかるので、かなり格安です。カスタマーサポートもしっかりしていて、電話、メール、チャットなどで24時間365日ヘルプを求めることができます。

 

Flexjobsのデメリット

 

  • サインアップしないとほとんどの機能が使えない: Flexjobsは課金サービスというスタイルを取っているので、入会しないとほとんどの機能が使えません。入会しなくても仕事の検索はできますが、企業名が見れないし、応募することもできません。

 

しかし、会員登録は1か月、3か月、1年から選べるうえに、30日間全額返金保証付きです。つまりノーリスク始められます。自分には合わないと思ったら1か月以内に退会すれば費用もゼロで済みます。

 

以下のリンクは僕の紹介リンクで、このリンク経由で登録すると料金が最大30%オフになります。僕も1か月会費が無料になってお互いハッピーハッピーです。もしよければ使ってください。

 

 

 

海外企業にアプローチするなら登録必須 — LinkedIn

LinkedIn

 

日本で仕事探しのSNSといえばWantedlyですが、アメリカを始めとする海外市場ではLinkedInが主流です。

 

正確に言うと、LinkedInはリモートワークを探すのに最適なウェブサイトではありません。しかし、履歴書送付から面接に取り付けるまでのプロセスの中で、LinkedInプロフィールがなければ雇用主側としては「えっ? LinkedInのプロフィールすらないんですか? ではご縁がなかったということで…」となる可能性大です。というか、なります。

 

仕事に応募するときも、ほとんどのウェブサイトでLinkedInアカウントのURLを載せる必要があります。あなた個人の知名度が相当高くない限り、LinkedInは必須です。

 

また、充実したLinkedInプロフィールを持っていると、それだけでリクルーターから仕事のお誘いがどんどん入ってきます。自ら就活をする必要すらなくなります。逆に言えば、LinkedInプロフィールが物寂しければ見向きもされません。海外企業からリモートワークを獲得したければ、LinkedInプロフィールを整えることは最重要タスクの一つです。

 

LinkedInプロフィールの書き方については、このブログ記事を参考にすると良いと思います。

 

 

ニュースレターが素晴らしい — Remotive

Remotive

 

Remotiveはリモートワークのキュレーションを中心に有料コミュニティサービスやウェビナーなどを展開しているウェブサイトです。CEOは元Bufferで運営部長を務めていた経歴があります。

 

Remotiveで特に僕が気に入っているのが、同社が配信しているニュースレター。案件をキュレートしているだけではなく、リモートワークや在宅勤務で役に立つ記事までまとめて届けてくれます。

 

Remotiveのニュースレター
Remotiveのニュースレター

 

 

 

活発なコミュニティが特徴的 — We Work Remotely

We Work Remotely

 

We Work Remotelyはリモートワークをまとめたキュレーションサイトです。Facebook、Slack、Twitterなどを中心にコミュニティが形成されていて、いずれかのアカウントをフォローしておくだけで仕事をチェックすることができます。

 

また、2019年から始まったWe Work Remotelyのポッドキャストでは、リモートワークを率いる企業の重役とのインタビューを配信しています。リモートワーク企業を将来的に運営したいと考えている人にとってはうってつけのリソースです。

 

リモートワーク検索でも強い老舗ウェブサイト — Indeed

Indeed

 

Indeedは、求人情報専門の検索ウェブサイトです。リモートワークに興味がない人でも一度は使ったことがあるかもしれないぐらい知名度が高いですよね。

 

リモートワークに特化した求人ウェブサイトでないとはいえ、Indeedが網羅している求人情報の量は群を抜いています。事実、僕がDoistの案件を見つけたのもIndeed経由でした。

 

僕が調べた範囲では、日本語版では勤務地をリモート・在宅に設定できないようです。なので、日本語で検索する時はキーワードに直接「リモートワーク」と打ち込んで、次に興味のある職種を入力するとよりニーズにあった仕事が見つかります。

 

英語版では勤務地の欄に「Remote」と入力できます。気になるキーワードの検索をIndeedのアラートに設定しておくと、毎日・毎週、自動で受信トレイに仕事の情報を届けてくれます。

 

Nomadlistとの連携がイケてる — Remote OK

Remote OK

 

Remote OKは、デジタルノマド界隈では有名人のLevels.ioという人が作成したウェブサイトです。

 

Levels.ioは、デジタルノマドを始めたころ、行った先々の国でのWi-Fiスポットやコワーキングスペース、生活費などを調べられるリソースが欠けていることに気づき、Nomadlistというウェブサイトを開発しました。Nomadlistは、今や旅するノマドワーカー必須ツールの一つです。

 

Nomadlistでは、都市別に気温、生活費、インターネットの速度など、様々な要素からフィルターして自分にあった目的地を探せます。会費を払えば、ノマドのコミュニティに参加して他のノマドワーカーたちとオンラインで会話することも可能です。

 

応募に履歴書がいらない — Hundred5

Hundred5

 

Hundred5は、応募するのに履歴書がいらないユニークな求人ウェブサイトです。同社はFacebookに案件を掲載していて、クイズを受けるだけで案件に応募することができます。

 

クイズで高得点を取れれば雇用主から連絡が来る可能性が高くなります。難点としては、クイズが英語で出題されて回答も英語で書かなければいけない点です。15分〜20分の短い時間制限内に回答しなくてはいけないため、仕事内容や職種の知識を英語で理解し、ぱぱっと説明できるライティングスキルが必要です。

 

その課題があるとはいえ、履歴書を書くことなく仕事に応募できるのは、僕みたいな面倒くさがり屋の人には最適です。スキルに自信があれば、ぜひクイズを受けてみてください。

 

しっかり登録しておくとスカウトが来る — Remote.com

Remote.com

 

Remote.comは、シンプルなインターフェースに好感が持てるリモートワークのキュレーションウェブサイトです。

 

その他競合サイトと比べるとあまり特徴がないサイトですが、プロフィールをしっかり設定しておくと仕事のお誘いが届きます。フリーランスの案件も充実しているので、実績を積むのに最適なウェブサイトかもしれません。

 

ブロックチェーン案件に強い — Blockew

Blockew

 

Blockewは、ブロックチェーン案件に特化した求人キュレーションサイトです。Workewという普通のリモートワークを取り扱った姉妹サイトもあります。

 

ブロックチェーン業界で働いていきたいけど、出社とかめんどくさい」と言う人にはうってつけのサイトです。毎週案件を紹介するニュースレターがあるので、登録しておくと最新のブロックチェーン案件を見逃すこともありません。

 

スタートアップ案件を探すならココ — AngelList

AngelList

 

AngelListは、スタートアップ企業の求人情報をまとめているウェブサイトです。他のサイトには載らないインターンシップや案件があり、スタートアップ業界で働きたいと思っているなら登録しておいて損はありません。また、AngelListでは会社側が提示する給与の幅が明確に表示されるのも特徴です。

 

 

企業の評判を見ながら仕事を探せる — Glassdoor

Glassdoor

 

Glassdoorは世界最大級の求人ウェブサイトであり、企業・CEOの評判や給与のレポート、面接時の質問などを見ることができます。検索欄のロケーションに「Remote」と入力するとリモートワークを一覧表示することが可能です。

 

Glassdoorでは、実際にその企業で働いた人たちのレビューを読むことができるので、応募を決めるときの基準の一つとしてチェックしたいですね。

 

 

プログラミングでリモートワークを探すならココ — Stack Overflow

Stack Overflow

 

プログラマーの救世主といえばStack Overflowですが、同ウェブサイトではリモートワークを探すこともできます。

 

また、Stack Overflowで積極的に質問に回答していると、ウェブサイト上でのあなたの評価が上がります。Stack Overflowで存在感があるデベロッパーは企業にとっても信頼性が高いので、特にウェブ系開発者の方は登録して利用しまくるといいでしょう。

 

旅好きがリモートワーク探すならココ — TravelMassive

TravelMassive

 

TravelMassiveは「旅」を中心に仕事やインターンシップ、コースなどをキュレートしています。普通の仕事だけでなく、旅行の動画作成やブログの仕事なども掲載されているのが特徴です。

 

日本を含む各国の旅行業界のイベントなども紹介されているので、旅行業界でリモートワークをしたい人にはうってつけのサイトです。

 

仕事の意義を重視するならココ — Idealist

Idealist

 

「リモートワークができればいいけど、仕事をするうえでの意義を犠牲にしたくない」。そのような考えを持っている人であれば、Idealistは理想的な求人情報ウェブサイトです。

 

教育、健康、コミュニティ開発などの業界において世界で活動する企業やNPOをまとめていて、やりがいを重視した仕事探しができます。普通の仕事だけでなく、インターンシップやボランティアの案件も見つかるので、まだ職歴が浅くても経験を積む機会に巡り会えるかもしれません。

 

翻訳案件ならココ — TranslatorsCafe

TranslatorsCafe

 

英語と日本語を活かして翻訳をしていこうと考えているのであれば、TranslatorsCafeはおすすめのウェブサイトです。サイトデザインは微妙ですが、案件が常に更新され掲載されています。登録と利用すべて無料で行うことができ、翻訳だけではなくボイスオーバーや文字起こし案件もあります。実績づくりをするウェブサイトとして最適です。

 

 

まとめ

 

以上の15サイトが、英語でリモートワークを見つける時に最も役立つウェブサイトです。

 

英語でリモートワークの案件を探すと、英語で履歴書やカバーレターを書かなければいけなかったり、英語でインタビューを受けなければいけなかったりと、慣れないことをやらなくてはいけないので自信が出ないかもしれません。

 

しかし、リモートワークを獲得し、そのフレキシブルな働き方を体験できることには大きな価値があります。僕の人生もリモートワークによって10倍楽しくなりました。あなたもリモートワークを獲得して、快適でエキサイティングな生活を手に入れられることを願っています。

 

ご質問・感想等あれば、ぜひ僕まで連絡をください。なるべく早くお返事できるようにします。それでは、また!😄

 

 


    2 replies to "【2019年】英語でリモートワーク求人を探すのに最高なウェブサイト15選"

    • Dr 立岡

      こんにちは、立岡と申します。
      研究者出身、Dr、税理士、行政書士です。
      翻訳で食べていきたいと思っております。
      どうやって外国から仕事をとれるのかのクロージングについて、ご相談にのっていただけますと嬉しく存じます。

    • Sakura Go-Oco

      初めまして。さくらと言います。
      現在、コロナの影響で一時的に仕事の方が在宅作業となっているのですが、
      私自身、デザイナーでデザイナー職でなんで出勤としないといけないのか、と
      常日頃から思っていて、でも実際に仕事を探すことはたまにするくらいで怠けており、
      ちょっとサイトについて調べてみるか、と思ってた中でこの記事を見つけました。
      Glassdoorだけは使用していたのですが、他のサイトも色々紹介して頂きありがとうございます。
      色々と使用してみます。
      Flexjobsも以前検索した時に出てきたのですが、有料だったのと
      あまり有名ではないのかな、と色々考えてやめてましたが、
      この記事では結構優秀とのことでしたので、参考にさせて頂きます。

      海外経験もあり、日本は遅れてるなと思っていて、
      記事にも記載してらっしゃったので賛同いたしました。

      不明点はないのですが、もし出て来たらまたお聞きするかもしれません。
      これからも他の記事、読ませて頂きます。
      ありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください